ECO-HOUSE

はじめてのエコ住宅

01ハウスメーカーのエコ住宅は高すぎる!

いま家づくりを考えている人なら一度は「エコ住宅」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。大手ハウスメーカーでも、盛んに「夏すずしく、冬あたたかい」また「家族の健康を考えたらエコ住宅」など、売り出していっています。

しかし、大手ハウスメーカーのエコ住宅は坪単価70万円近いので、4人家族の平均的な36坪の家は2520万円にもなってしまいます。いくら住んでからの光熱費が安くなるとしても、あまりにも高すぎます。

同じような仕様でも、小回りのいい地域密着の工務店で建てれば価格はグッと安くなり、1800万円台で建てることも可能になります。

かおり木工房ではこれまで、いい家を安く子育て世代の家族に提供したい思いで取り組んでまいりました。これからはさらに、家計にも優しく冬でも暖かい、家族が健康で一年中快適に過ごせるローコストなエコ住宅も積極的に提案していきます。

02ウソみたいに暖かいエコ住宅

真冬なら家の中でも寒いのは当たり前、と思い込んでいませんか?
暖房をかけているリビングは暖かいけど玄関やトイレ、お風呂は外と変わらないくらい寒いのが当然だし、普通だと信じられてきました。
でも、これからの家「エコ住宅」は家中どこでも暖かいのが当たリ前。家の性能を高めることで、真冬の朝でも寒さとは無縁です。

03エコ住宅は年間11万円×30年で330万円お得!

性能の高いエコ住宅だと少しの暖房で家中を温めることができるので、水道・光熱費を大幅に下げられます。実際に建てた家の試算では、一般的な家と比べて光熱費が約9万円、水道費が約2万円節約できるとわかりました。30年住みつづけるとしたら、合計で330万円もお得になる。お財布が暖かいのも特徴です。

水道・光熱費の概算(年間)

比較住宅(*)に比べて108,810円節約できます。

*比較住宅とは、H28年省エネ基準で、家族人数・新居地域を考慮して標準値としています。

水道・光熱費

電気200,560
太陽光等発電0
ガス0
灯油0
光熱費合計200,560
水道40,470

*太陽光等発電の金額・売電分+自家消費

光熱費(円/年)

水道費(円/年)

04エコ住宅の価格

自由設計

省エネ仕様

30坪

3LDK

平成28年度省エネルギー基準 / 耐震性能等級3対応 / 高性能樹脂サッシ / オール電化仕様 / Low-E複層ガラス / 屋外給排水工事 etc…

子育て世代のエコ住宅モデルプランは、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)において

最高ランク
取得

  • 第三者認証(BELS)
    国内最高レベル5つ★獲得
  • 設計一次消費エネルギー29%削減
  • 外皮性能UA値 0.43

BELSとは、国が推奨する住宅性能評価・表示協会による新しい住宅省エネ性能の表示制度