KOCHI PANEL

地震への備え

高耐震パネル「コーチパネル」による耐震化

「かおり木工房」は、巨大地震や繰り返す余震にも強い、高耐震パネルを採用

地震に強い家というと、多くの人が柱がしっかりしている家、というイメージを持つかもしれません。しかし、大切なのは柱だけではありません。柱は真上からの力には耐えられますが、横方向から加わる力にはとても弱いのです。

そこで横方向からの力に耐えるために必要なのが「耐力壁」です。
皆さんがご存知のように地震には、縦揺れと横揺れがあります。柱と「耐力壁」が揺れに耐えることで、家が倒壊せずに済むのです。

「耐力壁」には大きく分けて
3つの工法があります

片筋違

大壁直貼

コーチパネル
(パネル工法)

このうち、かおり木工房では、パネルの面全体で力を支えるとても強い工法である「コーチパネル」を採用しています。

コーチパネルの特徴

01繰り返し来る余震にも耐える、圧倒的な強さ!

コーチパネルの魅力はなんと言ってもその強さです。

建築基準法で定められた耐力壁の強さを表した数値・壁倍率は4.8相当。

従来の工法に比べて、

約2倍の耐力と、約1.6倍もの粘り強さ

を発揮します。

これが実際どれくらいの揺れに耐えられる強さかというと、震度7強を超える巨大地震や、繰り返し来る余震にも耐えられる程の強さです。

実際、近年日本で頻発している地震で倒壊してしまった家は、本震には耐えられたけれど、何度も起こる余震でダメージを受け倒壊してしまった、という例も多数あります。

巨大地震には、繰り返し来る余震が付きもの。
そんな余震にも耐えうる力を持ったのが、このコーチパネルです。


⽊造住宅 倒壊解析ソフトウェア ウォールスタットでの耐震シミュレーション

熊本地震シミュレーション。3種類の耐⼒壁での⽐較です。

*wallstatは⽊造軸組構法住宅を対象とする数値解析ソフトウェアです。

開発者 中川貴文 京都大学 生存圏研究所 生活圏構造機能分野 准教授


02機械による精密な加工により、隙間のない施工が可能!

皆さんは家の断熱材と聞いて、どんなものを思い浮かべるでしょうか?
恐らく多くの方が、綿のようなふわふわした断熱材を思い浮かべることと思います。

これらはグラスウールという断熱材です。これまで多くの家に使用されてきた、代表的な断熱材です。

しかし、このグラスウール、実は場所によっては施工できなかったり、施行しても電気配線の関係で隙間ができてしまったり、施工方法によって本来の機能が発揮できるかできないかが、大きく左右されてしまいます。

隙間ができると家の中の温かい空気と、外の冷たい空気がしっかり遮断されず交わってしまい、結露してしまいます。
結露は、家を腐らせる原因の1つ。
家を綺麗に長持ちさせるためには、断熱材も慎重に選ぶことも重要です。

一方コーチパネルは、断熱材があらかじめ枠材の中に組み込まれた状態で現場に届き、大工の施工技術に左右されること無く、隙間の無い断熱施工が可能です。

コーチパネルは地震に強いだけでなく、

家を長持ちさせるための工夫

のひとつでもあるのです。

03雨仕舞いが早く行えるので、大切な家を濡らさない!

念願のマイホームが、建築中に雨に降られて濡れてしまったら…
基本的には乾けば大きな問題はありませんが、やはり良い気分はしないもの。
コーチパネルは、現場に届き次第すぐに取り付けが始められるので、大切な家を濡らすことはありません

また、現場で出るゴミが少ないので、綺麗な家づくりも可能です。

コーチパネルは、お施主さんにとっても、地球環境にとっても気持ちの良い家づくりをサポートしてくれるのです。